ブログ

シェフからのお便り

こんにちは

チプレッソ シェフスギヤマです
チプレッソはまん延防止期間中の営業時間を
ディナータイムは17時から21時(ラストオーダー20時、最終入店19時50分)
アルコールの提供は可能となっております

4名様以上の場合は席を離してのご案内となります
会話時のマスクの着用にご協力をお願いしております
ランチタイムも席数を減らしての営業となっております

いつも一緒にいる人やご家族で少しでもゆっくりお寛ぎいただけたらと思います

今のところ20日(木)までとはなっていますが、変更があり次第HPやインスタでお知らせいたします
チプレッソからのメールも届くかもしれません

感染されないよう大事になさってください

今日のメールでは冬のおすすめ料理を何品かと好評のテイクアウトメニュー
それとイタリア料理チプレッソ解釈のお話を少々書きたいと思います

まずはテイクアウトメニューから

【ローストビーフ丼】始めました!

数年前からよく目にするようになった「ローストビーフ丼」
甘しょっぱいタレで山のように盛り付け卵黄をのせたインスタ映えしそうな肉ご飯

実は一度の食べたことがなかったんです・・
お腹が空いたときに目に入る牛丼やかつ丼、からあげ丼の誘惑にローストビーフ丼が
負けてしまい一度も・・
この度他店のローストビーフ丼をいただき自分好みのローストビーフ丼を完成させました

今回ローストビーフ丼を始めるにあたって

牛しゃぶ丼やサバ丼とは違い、本職である洋食のローストビーフでありチプレッソならではの手が加えられる事。
軽くヘルシーにそして最後まで飽きずに食べられる事。
もたれたり、のどが渇いたりしないよう個人店ならではの無添加で作る事。
物足りなさをなくすようアクセントを付ける事。
自分も大好きな「まかサラ丼」がベースにある事

肉はヘルシーに大麦を食べて育った赤身肉を塊でオーダーしマリネや定温調理で調理し
食べやすいよう、肉だけいつまでも噛んでいることの無いようひと口大の薄切りにし
ご飯とサラダとの一体化
3種類の自家製ソース

是非お試しください

並 800円(864円)  大盛り 1100円(1188円)~お肉もご飯も1.5倍

【旬の野菜のシンプルなパスタ】

先日ニュースで「葱食べて~葱食べて~」という農家さんのツイッターがあったという事を知り
大量に買ってきました

今年は葱が豊作でとても甘く美味しいのだけれど飲食店がやってないので鍋料理など需要が少ないらしいです
なのでチプレッソでは
「葱のパスタ」ランチで始めました

正式には「葱とアンチョビのスパゲッティ」
本来イタリアで玉葱とアンチョビをとろとろにソテーしてちょっと太めのパスタに合わせたりするんですが
長葱でも旨いです。とろりとした食感と甘み。シンプルで飾り気のないパスタですが、具をランチのフォッカッチャにのせたり、
また酒の〆にもなりそうな味です

もう1品は「ビーツの真っ赤なトマトソーススパゲッティ」
これはこの時期になると毎年作るようになったんですが
ビーツの栄養を調べると「食べる血液!」進んで食べたくなるパスタですよ
長くなるので「ビーツ栄養」で検索してみてください

【イタリア料理の小話を手短に・・】

メールを打ち始めて結構な時間が経ってしまったので手短に・・
このテーマ(イタリア料理チプレッソ解釈)毎回入れていこうかと思ってるんです

今回はアルデンテについて

某口コミサイトにも書かれてたりしますが
硬いとか硬いとか・・

私北イタリアミラノ周辺の州(ピエモンテ州やロンバルディア州)で働いていました
休みの日には等でして色々なリストランテやトラットリアで食事をしました
日本では当たり前のように食べていたトマトソースのスパゲッティ
どの店にもおいてないです。スパゲッティすらなかなかお目にかからなかった
だいたいはその土地のパスタ。例えばアニョロッティやトルテッリーニのラビオリ系や
生パスタのタリオリーニやタリアテッレ。
卵黄だけで練られたパスタでもちもちという感じでもなくペロっとした感じ?
アルデンテなんてものはありませんでしたし誰かが言ってるのも聞いたことはないかな?
ローマやナポリ(南イタリア)に行ったらありました!スパゲッティ。
ここぞとばかりにカルボナーラやムール貝のスパゲッティを食べました
バリ堅始めてこんな硬いパスタを食べましたよ。ナポリ駅前の「ズッパディコッツェ」というトラットリア
この時はシェフ仲間と旅して食べたんですがみんな「めちゃくちゃ硬くて、メチャクチャしょっぱいけどめちゃくちゃ旨いね」
って食べたのを思い出します。
アルデンテ(デンテ=歯)これには定義はあるようですが、土地柄やシェフの好みがあるようでそれがその店らしさ。
柔らかいのは好きな人は注文時に伝えているようです
日本のうどんやそばも一緒ですよね

ちなみに肉でもパスタでも歯ごたえを残すとしっかり噛むので唾液が出て
消化を助けるので健康面で気にするイタリア人にはいいそうです。

良く噛んで食べましょう

でした・。

今月は火曜日定休の他
28日(月)がお休みとなりました

今月もどうぞよろしくお願い致します

Ciao !

シェフ スギヤマ

おすすめの記事。
  • シェフからのお便り
  • 新年のお便り
  • シェフからのお便り
  • シェフからのお便り
  • 6月のお便り
  • トップページランチお料理ピッツアドリンクテイクアウトパーティープラン会員限定特典店舗案内お問合せブログ求人情報
    土浦市にあるイタリアンレストラン
    Trattoria Cipresso トラットリアチプレッソ
    茨城県土浦市虫掛3719-2 NON SERVICE内
    tel.029-879-5006
    定休日 毎週火曜日
    営業時間 月~日曜日ランチ 11:00~14:30(お料理L.O.14:00)
    ディナー 17:00~22:00(お料理L.O.21:00)
    Copyright (c) Cipresso. All Rights Reserved.