ブログ

7月のお便り

チプレッソのシェフ スギヤマです

暑いですねー

休日の暑さは気にならず 美味しいビールがすすんでサイコーなんですが
仕事中の暑さには体力気力が奪われます・・・

日ごろから暑い環境に居るので熱中症にはならないだろうと思ってはいるものの
水分補給と身体の冷却を心がけています

これからが夏本番でしょうから小出栄蔵さんも無理をせず
適度な水分補給と免疫力をアップする食事をとって乗り越えてください!

免疫力をあげるにはバランスのとれた食事が大切です

肉 魚 卵 大豆製品 乳製品 それと合わせてたんぱく質ですね

またポリフェノールや緑黄色野菜など

これらをチプレッソのランチニューで例えると

プレミアムランチ!いいですね

生ハムサラダ(発酵肉野菜)
パスタに牛飼い風(卵、トマト、チーズ、バター)←これ最高!
フォッカッチャ
パンナコッタやティラミス(乳製品)
プラス200円でドリンクを抹茶豆乳ラテ(大豆製品)
休日の方はランチグラスワイン(ポリフェノール)を吸収してください

完璧!

ディナータイムなら

まずは
まかないサラダ(数種類の緑黄色野菜)から始まり

食事の前にサラダを食べると体に良いそうです!

お好みの前菜を!カルパッチョやカプレーゼ
そしてパスタや肉料理~

そしてやっぱり赤ワイン!

理想の食べ方です!

それから・・

暑いからチプレッソの冷製パスタ!食べたいなってお声を沢山いただきました!
しかし
残念ながら暑くなるころに終了してしまう季節限定のパスタの為終了しました・・
農産物なので旬があるので仕方がないのです
トマトも時期によってまるで違う味や水分量 玉葱もそうです
また来年の4月頃までお待ちくださいネ

今月はディナータイムのおススメパスタを2品
メインを1品ご紹介いたします

【イタリアらしい現地のパスタ料理】

チプレッソのパスタ料理は創作性はあまりなく、現地のメニューが多いです
「  ~風」とメニューにあるのはその為で

たとえば
【スパゲッティ アラ アマトリチャーナ】→アマトリーチェ風
アマトリーチェという町で作られているパスタ

【スパゲッティ アラ ブッテラ】ブッテラ=牛飼い又はカウボーイ風
トスカーナ州のブッテラが良く作って食べていたパスタ

ただこのイタリア伝統の郷土料理には色々なレシピが存在するのです
例えばアマトリチャーナ。これは有名すぎて町も正確なアマトリチャーナを作りたいという事で
話し合うがにんにくを入れるべきか、入れないべきかでもめてたりなんて話も

古くから受け継がれてるイタリアの各地の料理は伝わっていくうちに少しずつ変化した結果で
真相はわからないものも多いようです

話しそれましたが、

おススメその1

「太めのパスタ スパゲットーニ」玉葱とアンチョビのソース ローストしたパン粉をかけて

アンチョビ好きにはたまりません!少し歯ごたえをのこしてソテーしたたっぷりの玉ねぎにたっぷりのアンチョビ
塩分はアンチョビのみ ほんの少しのバターでコクを出しグラナパダーノチーズとカリカリのパン粉
甘しょっぱさに少し硬めにゆでたもっちりとした食感とカリッとアクセント
北イタリアの伝統の有名なPスタ
本来は玉葱はとろとろに炒めてもっちりとした太い生めん「ビーゴリ」に合わせますが
今の時期はまだ新玉葱や赤玉葱が美味しいですから少し食感を残しました そのためソースが少し軽めになる為
ビーゴリよりも軽めのパスタを合わせてます

おススメその2

「断面が楕円のパスタ リングイネ」魚介の赤ワイン煮込みソース エルバーナ風

トスカーナには魚介類を赤ワイン(サンジョベーゼ)とトマトで煮込んだ豪快な漁師料理があります
そのように作られたエルバ島で作られるパスタ
初めての方には濃厚で複雑な魚介のソースにどんなふうに思うのかはわかりませんが ソースに負けない歯ごたえとつるりとした食感のパスタが白ワインにも赤ワインにも合わせられます
今仕込んだものにはタコ つぶ貝 真鯛 アサリが入ってます
皆が知るペスカトーレとは全く別物の魚介類のラグーソースです

イタリア人はパスタを食べるときはフォークだけで食べます(たまにナイフ使う人もいたり)
スプーンは使わないのでソースが多すぎるのは良くないんです
なのでソースもパスタに絡みやすいようによく言われるのが乳化。ですが
パスタの種類とソースの量のバランスも重要で巻きながらソースがなくなるくらいがベスト
旨みがソースに残ってしまうのも残念

お皿の淵でクルクルとソースを巻き込みながらパクリ
余ったソースはパンで拭って食べます
パスタのソースは基本 野菜や魚介などの旨味と水、オリーブオイルですから
飲みほしても罪悪感ゼロ

とは言え・・ゆっくり会話をしながら食べたり とりわけして食べる場面が多いですから
少しソースが残るくらいを心がけて作っています

ん~~何回 何千回 もっと?作っても難しいです

【7月のお休み】

火曜日の定休日の他

6日(水)20日(水)はお休みとなります

また13日(水)27日(水)はディナータイムからの営業となります

7月中はスタッフ研修中の為 ランチは火、水がお休みとなります

【物価高騰による値上げ】

誰もが辛い値上げラッシュ・・・

チプレッソも1商品だけ値上げすることになりました

テイクアウト専用の「まかサラ丼」850円(税込918円)→900円(税込972円)となります

パック類や弁当箱の未納、値上げ、材料費の高騰により
2段弁当は同じクオリティーで作るのが難しい為当面の間休止致します。

大変ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします

その他ランチやディナーは価格据え置きで頑張りまっす!

【7月のメール会員様特典】

ありがたいことに徐々に宴会される方が増えてきました!
今月は「会員様限定 大皿宴会プラン」をご用意いたしました

前菜4皿、サラダ、ピッツァ、パスタ2種、炎のチーズリゾット、北海道産の桜姫鶏の料理の計10皿
そして2時間(90分ラストオーダー)の飲み放題付き(ビール ワイン カクテル ソフトドリンク)

お1人様4800円(税込5280)
宴会スタート最終19時
2時間制
4名様から承ります
ご予約時に「メール会員宴会プラン」とお伝えください

ご予約はお電話にて承ります
029‐879-5006(チプレッソ)

7月もチプレッソをどうぞよろしくお願いいたします

Ciao!

シェフ スギヤマ

おすすめの記事。
トップページランチお料理ピッツアドリンクテイクアウトパーティープラン会員限定特典店舗案内お問合せブログ求人情報
土浦市にあるイタリアンレストラン
Trattoria Cipresso トラットリアチプレッソ
茨城県土浦市虫掛3719-2 NON SERVICE内
tel.029-879-5006
定休日 毎週火曜日
営業時間 月~日曜日ランチ 11:00~14:30(お料理L.O.14:00)
ディナー 17:00~22:00(お料理L.O.21:00)
Copyright (c) Cipresso. All Rights Reserved.